サービス一覧

サービス一覧

不動産鑑定評価

不動産の売買、関連会社間の不動産の移転、相続、金融機関からの融資、事業再編や事業承継など、不動産の鑑定評価が必要となるシーンは様々ですが、弊社では数多くの経験を活かして、依頼者様の目的や状況に応じた適切な鑑定評価を実施し、ご提供させていただきます。特に、建物の賃料や地代の鑑定評価においては数多くの受託実績があり、適正な鑑定評価をするためのノウハウも蓄積されています。賃料改定に際して、また関連する個人法人間の賃貸借の場合等、是非賃料の不動産鑑定評価をご活用ください。弊社では豊富な受託経験や異業種において培ったノウハウを最大限活用し、いわゆる「木を見て森を見ない」鑑定評価に陥らないよう、常に全体のバランスを考えて鑑定を行うようにしています。

【不動産の鑑定評価】は、不動産鑑定士が不動産に関する多くのデータや資料を分析・検討・判断し不動産の適正な価値(価格又は賃料)を評価して、これを不動産鑑定評価書として発行するものです。不動産の鑑定評価は、不動産の鑑定評価に関する法律により、不動産鑑定士しか行えない業務として規定されています。

     
【個人の場合】 離婚による財産分与、相続発生時の遺産分割協議、配偶者居住権の判定、共有物の分割、個人が過半を出資している法人への不動産の譲渡又は賃貸などです。
  

【法人の場合】
 会社分割、事業承継等による事業用資産の移転、不動産の売却または取得に際しての適正価値の把握、関連会社間又は会社と経営者間での不動産の所有権の移転又は賃貸借、法人の法的整理、企業統合における所有資産の評価、賃料の増減額協議(調停・訴訟を含む)、不動産を担保とする事業資金または不動産の取得資金の金融機関からの借り入れの場合の担保評価などとなります。

不動産アドバイザリー

持ちの不動産の有効活用のご相談、不動産を流動化する場合のノウハウ等不動産という大切な資産に関するあらゆるご相談の対応させていただきます。
 
企業の経営資源は、実に様々な物があります。不動産も重要な構成資産ではありますが、企業のもつ貴重な人材や生産設備、独自のノウハウやブランド力などが最も大切な経営資源です。このような企業の構成資産の一部である不動産の有効活用について一度見直しをしてみませんか?
 
弊社ではこれまで不動産の流動化における様々なロールにてノウハウを蓄積してきたプロフェッショナルが、最適な資産運用の方法を考え、これに必要な第三者パーティーをご紹介の上最適なワーキングパーティーの組織化をお手伝いをさせていただきます。

PAGE TOP